ジャグラー朝一

ジャグラー朝一からハマリ350回転でボーナス!コレ高設定ですよね?

大好きなジャグラーに、朝一から、設定変更を狙ってメダルを投入。

1k、2k、3k、5k、9k…

そして、ついに初ペカが11kを入れたとき、その瞬間がやってきました。

 

0回転目からまわすこと350回転目でした。GOGOランプがペカッペカッと輝きをはなつ本日の初ペカです。投資が大きくなってきてたので、まずはホッと胸をなでおろしました。

初ペカからは追金することもなく、右肩上がりの理想のグラフでボーナスをドンドン引き込み伸び続けました。10時~21時まで打ち、最終的に4200枚の交換で本日のジャグラー終了です。

 

4200枚ー550枚=3650枚のプラスでした。

これって高設定ですよね?

そう思いたいですよね。けれども、

低設定の可能性が極めて高いかなと思います。

 

まず、初ペカまで11kで350回転は遅すぎです。あまりにも遅いです。もしも、設定変更をしてたのなら初ペカはもっと早い可能性があったからです。

 

設定変更をしてたのなら初ペカはもっと早いはず

初当たり350回転の台が設定変更していたのなら、初ペカはもっと早かった可能性があります。

管理人のホールでの体験やデータロボサイトセブンから積み上げた初ペカデータなどから、設定変更したのなら初ペカは比較的早い傾向にあります。

100回転以内での初ペカ。

もう少し回して131回転以内までの初ペカ。

妥協しても最大228回転以内での初ペカ。この回転数以内が圧倒的に多いです。

これ以降になると、1回転を回すたびに設定変更をしている可能性がどんどん薄れて0%に近づいていきます。設定変更したのか、はたまた据え置きなのか、もう分からない状態に突入してしまいます。

 

設定変更狙いは、初ペカするまで回すぞー。

300回転・400回転・500回転。10k・15k・20kと回していたら財布の中がスッカラカンになってしまいますよね。

だから、キッパリと設定変更は〇〇回転まで回すと決めるのです。自分の体験や他力でもいいです。決めることが大事かなと思います。

しかも設定変更狙いの台は、前日、低設定が確定していますよね。もしも設定変更されていなかったのなら、設定1・2・3くらいをず~っと打つことになります。

 

もう、超最悪状態です。

 

なので、〇〇回転以降の初ペカは低設定だよと烙印も押してあげましょう。そうすると、打ち手は諦めもききます。

 

高設定の可能性が決してないわけではない

350回転目で初ペカなので、設定を予想するのに必要な判断材料がかなり厳しくなっただけです。この判断材料を甘くすると高設定の可能性は出てきます。

総回転数5000、BIG25回・REG23回という台が存在したとします。

いい台で高設定だなと予想できます。これは、数字だけの判断材料だからなんですね。そう、ここを甘~く、数字だけの判断にするのです。すると、この台は高設定決定になりますよね。

 

初ペカの数字と大当たり履歴から設定を予想

管理人は、設定変更当日の初ペカの数字と大当たり履歴を入れて設定を予想していきます。

回数 スタート
REG 32
1 71
REG 18
REG 57
2 151
REG 91

初ペカは32回転目です。序盤で設定変更していそうな気配が出ています。このような台だと、もしかしてという展開になります。その後、低設定の烙印を押されることもしばしばあります。

 

初ペカが350回転目だったらどうでしょう。

回数 スタート
REG 350
1 71
REG 18
REG 57
2 151
REG 91

良さげにも見えますが、初ペカ350回転目です。管理人は、一発で低設定の烙印を押します。中には本物の設定5もあります。しかし、打つ根拠と証拠がないので、このような台はキッパリと打ちません。

ということから、350回転目での初ペカは低設定の可能性が極めて高いかなと予想します。

もしもこのような台に座ったのなら、運が良かった、運が味方してくれた、ツキがあった。そう考えた方がいいかも知れません。

 

最後に、、、

設定変更狙いの場合は、ある程度の回転数で判断を下して区切るということが重要になります。区切るとは、設定変更を狙ったときは何回転まで回すかを決めておくことです。例えば、61回転まで、91回転まで、100回転まで、130回転まで回す。1k,2k,3k、4kまでとか。

まずは、設定変更した台の初ペカ探ってみてはいかが。

 

応援クリック「ポチッと」お願いします。