【期間限定】ジャグラーを打つときの秘技コインを数える


もしかすると、とても面倒な方法かもしれないです。やっている途中で、どうでもいいやって思うかもしれません。まして、たまにしかジャグラーを打たない方だと、忘れてしまいます。

 

それと、あなたにとって、まったく役に立たない可能性もあります

では、ジャグラーを打っているときに必ずすることを、こっそりと、秘技としてお伝えします。

 

それは…

50枚のコインを毎回数えることです。

は、何それ?それが、秘技なの…。

毎回なんて、面倒くさそー。

で、50枚のコインを数えることで何がわかるの?

何にもわからないでしょ?

 

多分、このように思ったはずです。

 

でもね、繰り返し繰り返しやっていると、わかってくることがあります。それは、この二つです。

  1. 子役カウンターの高低確率状態がある程度自力でわかる
  2. ドラム(リール)の変化、違いに気づける

1の応用に2があります。1を続けることで、2に気づくことができます。なので、1と2は、ペアだと思ってください。一心同体です。

 

プレー中はチェリーを狙う

左のドラムには、アバウトでいいので、絶対に二つあるどちらかのチェリーを、枠内の特定の場所を狙って打ってください。上中下の、どこでもいいです。あくまでも、アバウトな狙いでOKです。

 

小役カウンターの高低確率状態がある程度自力でわかる!?
 

1000円単位で「いま高確率状態だな」「低確率状態ずいぶん長いな」「わぁ、60回も回った」「え、たった17回」など。そう、自力で小役の高低確率状態が、ある程度わかるようになってきます。

 

何だ、それだけと思ったことでしょう。

でもね、やるかやらないかでは、雲泥の差です。まったく違います。

現に、プラスになることがとても多いので、今なお続けています。

 

アイムジャグラーEXの、1000円平均回転数です。微妙な違いですよね。アバウトに暗記しておくといいです。設定6は、別格の回転数ですね。

100
スポンサーリンク


ドラム(リール)の変化、違いに気づける
 
  • 「ドラムに変化なんてない。変化があったら裏モノだ。」
  • 「毎回同じ止まり方をしているし、なんの違いもない。」
  • 「タイミングも同じで、ドラムが遅れることもない。」

そう、普通に打っているとそう思います。

 

けれど、50枚のコインを数えながら打ち、なおかつチェリーを特定の場所で目押しをしながら打っている。それによって、ドラムの変化に気づけます。

最初のうちは、ほぼ無理だと思います。しっかりと、自分に意識づけをしないと、ドラムの変化を感じることは、無理です。

 

けれど、ドラムは違います。

 

スルーッスルーッと止まったり、ビタッと止まったりとします。ビタッビタッと急に止まりだしたりもします。なので、最初に台に座ったときは、集中が必要なのです。

 

そして、最重要なことがあります。

それは、たくさんの設定5以上の台に座って経験すること。それが、ドラムの変化に気づくことができる、最低限の条件になります。

 

どういうことかと言うと、設定1(低設定)のドラム状態と設定5(高設定)のドラム状態に違いが出ます。このドラムの状態の違いを見抜きます。なので、設定5以上のドラムの最高の状態を知っておくことが重要になってきます。

そのためには、ジャグラーの設定1~6までをしっかりと理解して、確率を暗記することです。そして、設定5以上を投入しているホールに通う。

 

流れとしては、このような感じです。

 

  1. まずは、設定5以上のホールを探す。
  2. そして、数多くの設定5を打つ。
  3. そうすることで、ドラムの違いがわかるようになる。

 

コインを数えはじめるときは、ボーナス終了後から。

BIGかREGボーナス終了後から数えはじめます。

50枚のコインを購入して打っている場合は、別で考えてください。なぜかというと、メダルを購入して打っている場合は、数えやすいからです。

最初の50枚は、クレジット消化です。もし、クレジットオーバーした場合は、その分を別途投入してください。1枚チャリ~ン、2枚チャリ~ン。

50枚のクレジットを消化したら、あとは自力で間違えないように数えます。数枚は、まったく気にしなくてもOK。テンポ重視です。

 

効率がいい数え方

50枚を1、2、3…と数えているととても面倒になります。なので、3枚を16回投入+2枚だと数えやすいです。

b674_s

慣れるまでは大変かも知れません。けれども、慣れてくると自然な状態になり、体が自然に反応します。しかも、50枚を数えないと不安にもなってきますよ。そんな気持ちになれば、すでに習慣化している証拠です。

 

いかがでしょう?

一度やってみて、50枚数えるの面倒くさいなと思ったら、気軽にヤメてください。なんの支障もないです。そして、やろうかなという気持ちに再度なったら、またチャレンジしてみてください。

 

実行しようと思った方は、こちらも読んで損はないですよ。
ジャグラーの目押しができない、ドラムのどこを狙うの?

ジャグラーの目押しができない、どうしたらいいの?




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ