Sponsored Link

ジャグラー朝一の挙動で騙された!?

ジャグラー朝一の挙動で、よく騙されます

開店したばかりのホールは、まだ誰も座っていない、手つかずの台がズラリ並んでいます。誰かが座れば、ファースト客です。

メダルを購入して、打ち始めます。

すると、千円で見事に大当たり(777)を引き込む。その後は、順調にGOGOランプが光りまくり。開始1時間20分で、BIG7回、REG9回に。総回転数は、まだ900回転。

 

そこで、確信をしました。設定5以上間違いなしと。今日は閉店まで確定 ( ̄ー ̄)ニヤリ

「よし、頑張るぞと気合を注入」

 

しかし、設定5以上だと思ったジャグラー。その後は、ドンドンはまりに入り、3000回転の時点で、BIG11回、REG10回になってしまった。ここで、低設定確定だと気づく。

 

  • もっと早く気づけよと心で思う。
  • 朝一のジャグ連は何だったのと心で思う。
  • あの勢い良く上りだした台はなんだったのと心で思う。

これは、ジャグラーの朝一挙動で騙されるときの一つのパターンです。

 

設定据え置きを狙って、前日と同じ勢いで、朝から上りだした。据え置き確定だな、なんて思って打っていたら、設定落とされていた。結局出玉すべてのまれたなんてこともあります。

 

あのとき、すぐにやめていたら、どれくらい儲かっていたのだろうか…。

よく思うことですよね。

 

では、このような状況に出会ったときには、どうすればいいのか?

それは、やめどきを決めておくことです。




ジャグラーのやめどきを決めておく

まずは、自分のやめどきと勝負どきを決めておくことです。

 

  1. こうなったら、やめどきにしよう。
  2. こうなったときは、勝負しよう。

この二つを決めておく。これだけで、かなり違います。

 

あなただけが経験した、経験値からやめどきを決めるのもいいでしょう。インターネットで、情報を取り出して決めてもいいです。

まずは、自分のプレースタイルを確立することが「騙された」を減らす秘訣だと思います。

 

「ジャグラー朝一の挙動で騙された!?」まとめ

朝一の挙動は、店側との一日の勝負の始まりでもあります。そう、設定の上げ下げのです。そして、朝一騙されないためには、ホールの癖を盗むことも重要になってきます。

 

他の「ジャグラーやめどき」の記事。




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ

このエントリーをはてなブックマークに追加