Sponsored Link

ジャグラーに本当の”やめどき”はあるのでしょうか?

5582

ときに失敗
ときに成功

「ヤメて良かったー。(^_-)-☆」
「うわっ~悲惨。4,000枚出されたーショック。 (´゚д゚`)」

ジャグラーの”やめどき”は、本当に難しいです。

 

やめどきは、スロットを打つ限り永遠の課題です。

 

毎回絶妙のタイミングでヤメたいけど、そんなの絶対無理に決まっていますよね。

「ヤメて成功」
「ヤメて大失敗」

毎日が成功と失敗の繰り返しです。

だけど、パチプロや上手な人は、成功と失敗の経験を生かして、ある程度の”やめどき”は見つけています。しかし、スロットの上手くない人は、”やめどき”がわかりません。見つけようともしません。

 

けれども、ジャグラーの上手くない人でも、ある程度の”やめどき”は築けます。

  • 「80回転で連チャンしなかったらやめよう」
  • 「これが、REGボーナスだったらやめよう」
  • 「儲かったているうちにめよう」
  • 「ジャグ連が終わったらやめよう」
  • 「16時になったらやめよう」

決め事をつくっておけば、上手くない人でもある程度の”やめどき”はできます。
あとは、実行するかしないかです。

 

やめどきは自分でつくる
本当の”やめどき”とは、自分でつくりあげることです。毎回、検証をしながらしながら実行。そして、評価する。この繰り返しです。その結果、自分だけの”やめどき”ができあがるのではないでしょうか。

スロットの上手くない人が陥る罠

粘った台をやめたら、すぐに出されて悔しい思いをした経験ありませんか?
その台は、ジャグ連であっという間に3000枚。

そのときの、あなたの心境は…

  • あと1kだったのか
  • あと50回転くらいだったのか
  • もう1回大当たりを引いておけば

当然、腹が立ち、ガックリと肩を落として帰宅ですよね。

 

後日、その苦い経験をいかして「今日はヤメないで、この台で勝負だ」と意気込んだけど。結果、この前と一緒で”やめどき”を間違えて惨敗。もう涙もでないですよね。

実は、過去に何十回も管理人は経験してます。
なので気持ちは、よくわかります。

やめて出されたのが、頭から離れないんですよねーこれが…。

 

だから、こうならないためにも、”やめどき”は自分でしっかりと確立しておきましょう!
それがジャグラーの”やめどき”だからです。

 




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ

LINEで送る


このエントリーをはてなブックマークに追加