ジャグラー設定

1996年初代と現在のジャグラーの確率

1996年に登場した初代4号機ジャグラーと現在の5号機ジャグラー。

4号機は、ホールからは一掃されています。5号機は、バリバリと現役でフル稼働中です。

4号機初代ジャグラーの確率

19

5号機アイムジャグラーEXの確率

426

 

5号機の方が、設定甘いなと見た感じは思います。しかし実際は違っています。4号機ジャグラーの機械割を見ると、設定3から100%を超えています。これは何を意味するのかというと、打ち手の損得です。したがって4号機は設定3から勝てた設定でした。一方、5号機は設定4から100%を超えます。やっぱ、4号機が得だったのですね。

 

1995年~1997年くらいのスロットを振り返ってみる

  • クランキーコンドル
  • タコスロ
  • アラジンマスター
  • ゲッターマウス
  • サンダーV

リプレイ外しでメダルを増やすことができました。機種によっては、一撃万枚という破壊力があり、負けを一気に取り返すことも可能でした。そのかわり、負け額もハンパない時代だったかなと個人的に思います。アンビリバボーな時代でした。

そんなアンビリバボーな1996年に、ジャグラーがホールに登場。「はぁー」とため息が言葉にでるくらい面白くない機種でした。

それというのも、外のパネル上のGOGOランプがペカッペカッと光るだけの、あきれるほど単純すぎるゲームだからです。ジャグラーがこの世からなくなるのも時間の問題と思っていました。

それがどうでしょうか。ジャグラーは違っていました。

ジャグラーは、中高年・年配者の方に支持されていたのです。この超強力な支持層がいなければホールから撤去されていたかもしれないです。

 

あひる
あひる
そんなに支持されていたんだ。おじいちゃんに感謝しなくちゃいけないね。
じゃぐ
じゃぐ
あひるさん。その通りですね。
あくま
あくま
わしも感謝する。

 

それから20年。

ジャグラーはホールでガンガン音を鳴らしています。しかも、ホールによっては、設置スロットの半分を占めるという大盛況ぶりです。これからも、まだまだ不変でいてほしいものです。

ジャグラーよ、あと何年、それとも何十年、現役でいるのでしょう。

 

応援クリック「ぽちッと」お願いします。