Sponsored Link

ジャグラーを打っているときにNGな会話とは?

032181

パチンコ店に通うようになると、常連さんに話しかけられて、自然と会話をするようになります。

多分、どこのパチンコ店でも、よくある光景ではないかと思います。

「目押ししてくれない」
「お兄ちゃん、今日出してるね」
「お姉ちゃん今日はすごい出してるねー」
「この台、どう…?」

このように、話しかけてくるのは年配の人が多いです。
特に目押しのできない人に多いかなと思います。

ま、パチンコ店では世間話みたいな感じです。

 

では、ジャグラーを打っているときにNGな会話とは一体?

NGな会話

「この台さ設定5絶対入ってるよ」
「ダメダメ設定1だね、やめた方がいいよ」
「この台やってみれば、設定6かもよ」
「設定2か設定3でしょ」
「設定4だ…」

 

記憶にありませんか?

これ、NGな会話の代表例です。

ですので、このような会話のときは注意してくださいね。

 

それというのも、このような会話を頻繁にする人に「上手いなこの人」と思ったことが、一度もないです。けれども、根拠を持って打っているので、決して下手ではないんですね。でも、上手くもないのです。

上手い人は、寡黙にスロットを打ち込んでいる人が多いです。
特に、パチスロで生計を立てているような人は、会話もせずに淡々と打ち込んでいます。

 

話を聞くだけにしておく

もしも、そのようなNG会話に遭遇したときは、話だけを聞くことです。

NG会話をしたばかりに、設定5の台を捨ててしまった。
このようなことも、現実に起こるかもしれません。

まずは、常連さんとの会話を壊さないことが一番です。
そして、うなずきながら、会話を終わらせることが大事です。

↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ




LINEで送る


このエントリーをはてなブックマークに追加