Sponsored Link

ジャグラー攻略!据え置きを狙うコツを暴露

ジャグラーの台選びは、毎日がホールとの戦いです。また、自分との戦いでもあります。
今日は、据え置きを狙うのか、それとも設定変更を狙うのか…。

「よし今日は、変更から狙おう」
「いやいや、ちょっと待てよ。いつも通り、据え置きから入ろ」

打ち始めるときに、気持ちにばらつきがあると、無残な結果にもなります。

 

では、据え置きを狙うコツを暴露します。

据え置きを狙うコツを暴露!

据え置きという言葉は、もうご存じですか?
単純に、前日の設定がそのまま維持されている状態のことです。

  • 設定1⇒設定1
  • 設定2⇒設定2
  • 設定3⇒設定3
  • 設定4⇒設定4
  • 設定5⇒設定5
  • 設定6⇒設定6

こんな感じですね。
そして、狙うは赤文字の設定5か設定6です。

 

では、ちょと想像してみてください。

あなたは今、いつも通っているパチンコ店内のジャグラーの島にいます。

・・・・・・・、

・・・・・・・、

そして、昨日、設定変更した可能性の高い台をみつけました。

昨日の出玉は、プラス1700枚ほどです。

1700枚くらいだと、据え置きにしている可能性が高いなと予想しました。

着席して、メダルを購入してスロット開始。

 

ピーッ、ピーーーーーーーーーーーー!?

まだメダルを投入してはダメです。

 

据え置き狙いは、打つ前にココをチェックしなければ絶対ダメなんです。

それは…

設定変更した日の、最初に入ったボーナス(BIG、REG)の回転数を確認してください。ここが、最重要のポイントになります。

朝一なのでカウンターは0になっています。その0から何回転でペカったかです。ここが△△回転以内だと、昨日、設定変更しているなということが確認できます。

※△△回転以内は、経験から導き出した勝手な数字になるので控えます。




どういうことかと言うと、

「設定変更した日の、最初に入ったボーナス(BIG、REG)の回転数」が、もしも、300回転や410回転だったのなら、設定変更している可能性は極めて低いです。

というか、私の中では論外で、99%低設定と決断づけています。

例えば、6000回転でBIG28回REG30回だとしてもです。
さらに言うと、5000枚、7000枚と出玉が上がったとしてもです。

 

それというのも、20年と言うジャグラーの実践経験で、

設定変更したばかりのジャグラーは、ほぼ当たりが早いです。

本当に早いです。

多分、朝早いのをまじまじと体感している人も多いはずです。

 

据え置きを狙うコツまとめ

据え置きを狙うときのコツは、設定変更した日の最初のボーナスの回転数をチェクすることです。面倒くさいかも知れませんが、調べてください。

ココがわかると、

  • どういうふうにBIG・REGボーナスが入ったのか
  • なぜ、ハマったのか
  • グラフのポイント

このような細かいデータも、トコトンまで追求すればわかるようになります。

 

据え置きを狙う手順
  1. 据え置き台に着席
  2. 変更初日△△回転以内か確認
  3. クリアされてる
  4. 据え置き台の打ち込み開始

100%ではないです。
ここに自分の実践情報を落とし込んでみてください。




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加