Sponsored Link

ジャグラー攻略!据え置きを狙うコツを暴露

34

ジャグラーの台選びは毎日が自分との死闘です。

設定変更を狙うのか、それとも据え置きを狙うのか…。

「変更狙おうかな…」
「待てよ。いつも通り据え置きにしようかな…」

打ち始めるときに、気持ちにばらつきがあると無残な結果にもなります。

据え置きを狙うコツをちょいと暴露しまっせ~

据え置きは、もうご存じですよね?
前日の設定がそのまま維持されている状態です。

設定1⇒設定1
設定2⇒設定2
設定5⇒設定5
設定6⇒設定6

こんな感じです。
設定6だったら最高ですね。

 

想像してください。
あなたはパチンコ店内ジャグラーの島にいます。

据え置き台に着席してスロット開始

おっとSTOP!「まだ、打ったらダメですよーーー」

ここをチェックしてください。
すべては言えませんが70%だけ教えます。

他の人に教えたらダメですよ。



打つ前にココをチェックしなければ絶対ダメ

それは、設定変更した日の朝一のBIGかREGが最初に入った回転数を確認してください。○○回転以内で入っていることが第一の条件です。

 

凄い暴露ですよ。
「設定変更した日の朝一のBIGかREGが最初に入った回転数を確認」

けれど1○○回転周辺から1○○回転くらいまでは、妥協ラインです。

ココが朝一で、3○○回転や4○○回転、5○○回転で
BIGかREGが最初に入った回転数だった場合は…

まず設定5はありえません

○○回転以内がクリアされていて、
かつ大当たり履歴も理想なら打ち方はじめです。

設定据え置き狙いは絞り込むことが大事

朝一履歴を確認したら421回転目でBIG

421回転目でBIGが当たっていました。
それからドンドン出玉が右肩あがりで上がり、

最高到達点は4,500枚ほど出ています。

よくあることです。

この場合は、低設定で出玉がドンドン上ったと思ってください。

というのも…

設定なんて100%当てることはできませんよね?けれど、設定を絞り込むことはできます

421回転まで、設定変更の領域に入れてしまうとどうなりますか?変更幅が広がりあの台も変更、この台も変更、ついでにその台も変更になってしまいます。

だから絞り込むのです。

据え置きを狙うコツまとめ

  1. 据え置き台に着席
  2. 変更初日○○回転以内か確認
  3. クリアされてる
  4. 据え置き台の打ち込み開始

もしも3○○回転とか5○○回転だったのなら、
低設定でドンドンとのぼった可能性が高いです。

席を離れて違う台を探しましょう。

据え置き台を狙うときは、この繰り返しです。

 

独自でたどり着いた「周期」

それともうひとつ「周期」を合わせて据え置きを打っていきます。
「周期」というのは、独自でたどり着いた回転数です。

100%正確ではないのですが、ヤメどきや粘りどき、次の当たりの目安にもなります。




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加