Sponsored Link

ジャグラーの台選びに失敗!そのときあなたは…

29

ジャグラーを打ちにいったのに、今日は台選びで失敗でした。

据え置きを狙って失敗。


変更も狙ったけど、前日のままで失敗。
いちばん変更しそうだった台は、取られて手遅れ状態。

こういうシーンは、頻繁にあります。
だから、めげないで、そしてあきらめてはいけないです。

そう、こんな日は…

 

台拾いに徹するしかないです。

 

言葉的に、響きはよくありません。
だけど、台選びで失敗したのですから、絶対に台を拾いましょう。

 

執念で!気合ダーで。

というか、プロや上手の人は頻繁に台を拾っています

 

台上のデータやスマホのデータなど充実している店が多いです。

プロや上手な人は、データから常時高設定の台を狙っています。

 

私が実際に行動していることを紹介します。

例として「今日、設定変更したかも知れない台を拾う」をテーマにします。




今日設定変更したかも知れない台を拾うには?

前日回収している台であることです。

これは絶対条件になります!

さらに、設定変更の目安にしている独自の回転数○○をクリアしているかになります。

たったこれだけです。

※○○は、経験からなので確かではないです。【秘密】でお伝えします。

 

途中で台を拾うための変更例

1.総回転数2,400、BIG10、REG13、合成確率104
2.総回転数1,800、BIG7、REG9、合成確率112
3.総回転数1,200、BIG3、REG6、合成確率120
4.総回転数1,000、BIG4、REG6、合成確率100
5.総回転数800、BIG1、REG6、合成確率114
6.総回転数500、BIG0、REG6、合成確率83

設定5に変更したかもしれない期待度の高い台になります。

注目してほしいのがREGの確率です。
どれもREGの確率が高いですよね。

台を拾うときの最重要ポイントになります。

失敗したときは台拾いで決まり。

 

↓↓応援クリック「ポチッと」よろしくお願いします。
にほんブログ村 スロットブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加