Sponsored Link

ジャグラーの朝一、前日へこみ台で決定するとき!?

ジャグラーの朝一は、悩みますよね。
前日へこみ台を狙うか、それとも設定据え置きを狙うか。

日によっては、データロボサイトセブンを見ながら、1時間も2時間も悩むときもあります。
逆に、あっさりと決まるときもあります。

そう、そんなあっさりと決まる日はコレです。

 

へこみ台で決定するときです。

 

へこみ台で決定するときは、通っているホールすべてが、前日、まったく出していないときです。

  1. 「設定5以上がまったく入っていない、0台状態。」
  2. 「設定5以上は数台入っているが、出玉が4000枚・5000枚以上とかある台。あきらかに、今日は設定落とすな…。」

前日、このような状態のときは、へこみ台を狙います。
というか、朝一から行くのなら、この方向しかありません。

 

二つの対策は、こうです。

設定5以上がまったく入っていない、0台状態
 

朝一からだと、100%前日へこみ台を狙います。

  1. 前日、回収されたメダルが一番多い台
  2. 波が変わると、分かりやすいグラフの台

このような順番で設定変更を狙っています。
それと、ガックンドラムの有無も少しだけ加味します。

 

設定5以上は数台入っているが、出玉が4000枚・5000枚以上とかある台。あきらかに、今日は設定落とすな…。
 

ときには、5000枚の台を打つときもあります。たまたま、据え置きになっていて、2000枚・3000枚と出るときもあります。けれども、通っているホールはほぼ落とされているので、あまり狙いません。

もしも、前日5000枚出た設定5以上の台が、今日も出てた、また今日もだ、またまた今日も…。このような光景を頻繁に目にするようなホールだと、朝一から狙ってもいいと思います。

 

「ジャグラーの朝一は前日へこみ台で決定!?」まとめ

前日まったく出ていないときは、へこみ台狙いです。

また、毎日設定の上げ下げを頻繁に行っているホールは、へこみ台、据え置き台のどちらからはじめてもいいと思います。あくまでも、可能性の高い方からチャレンジすることです。

パターン化すると、こんな感じです!

  • へこみ台を狙いつつ、据え置きを狙う。
  • 据え置きを狙いつつ、状況によってへこみ台を狙う。

ホールにあった攻め方をすることが大事になります。




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ

LINEで送る


このエントリーをはてなブックマークに追加