Sponsored Link

【ジャグラー設定判別32枚投入】の答えはコレかな?

多くはないのですが、【ジャグラー設定判別32枚投入】に疑問をもつ人が、こちらのブログに立ち寄ります。そんな【ジャグラー設定判別32枚投入】で疑問をもつ人は、どんなことが知りたいのか?

ひも解いてみました。

 

まず、ジャグラー設定判別32枚投入で分かることは、設定です。

これは4号機で可能だった設定判別法になります。

 

朝一開店からパチンコ店にいきます。前日、高設定の台に座って、据え置きかどうかを判別する。または、前日ハマった台の設定変更(上げ)を狙う。

 

手順は①~⑥になります。
①コインを32枚投入(クレジット表示は29枚)
②1G消化
③5枚手持ち(2枚入れて1枚クレジット、1枚入れて2枚クレジット)
④9枚手持ち
⑤7枚手持ち
⑥以後は④→⑤、④→⑤を繰り返します

この手順で、設定変更と据え置きがわかります。

 

複雑そうに見えても、覚えるととても簡単です。

体に馴染んだら楽勝でできます。あとは、自分を信用する設定判別法でもありました。それというのも、私の場合の信用度は65%くらいでした。精度の高いビタ押し完璧の人だと、80%以上とかだったのかもしれませんね。




では、なぜ設定が分かったのでしょうか?

4号機のジャグラーは、ビッグボーナス終了後と設定変更後に子役カウンターがリセットされました。リセットとは、子役カウンターが『0』に戻るということです。その『0』に戻ることができるのが、ビッグボーナス終了後か設定変更後だけだったのです。

 

通常の子役カウンターは、『0』から始まって、その後は、高確率状態と低確率状態を行き来します。その証拠に、50枚のコインで21回転のとき、41回転のときや30回転のときなど、回転数はバラバラです。この繰り返しで、高・低確率を行き来しながら1kの平均回転数を調整していきます。

 

この盲点をついたのが【ジャグラー設定判別32枚投入】です。

 

手順①、コインを32枚投入します。すると、クレジットの表示は、29ですよね。まさに、クレジット表示29が子役カウンター0の位置になるんです。

 

ということは、

クレジット29付近の位置を行ったり来たりする ⇒ 変更の可能性大

クレジット29を大きくズレる ⇒ 据え置きの可能性大

ということになります。

 

試行回数は50~100回転

試行回数は、ケースバイケースですが、50~100回転くらいです。もちろん、50回転以下で見切るときも多々ありました。

 

【ジャグラー設定判別32枚投入】のまとめ

 

  1. 100%の判別方法ではなかった
  2. 人により設定判別の精度は違った
  3. 設定判別方法があること自体がメリット
  4. 設定判別をすることで安心感を手に入れることができた

 

ジャグラー設定判別32枚投入は、100%的中という設定判別方法ではないです。ときには、間違うこともある判別方法でした。けれど、設定判別をするメリットは十分にありました。それによって、安心感も得ることができたのです。

現在のジャグラーは、ドラムガックンが最強の判別方法です。しかし、ホールによっては、攻略されないように1回転させています。そうなると、打ち手はお手上げです。

けれど、通いなれているホールがあるのなら、ホールの癖を見抜く。この方法が原始的でも、一番効力を発揮する設定判別方法かもしれません。




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ

このエントリーをはてなブックマークに追加