Sponsored Link

ジャグラー5号機と4号機の違いを探ってみた

ジャグラーが5号機になって、もう10年経ちますが今だに慣れません。

そこで、4号機と5号機の違いを探ってみました。

=ジャグラーEX 5号機=

=初代ジャグラー 4号機=

 

機械割と1000円のゲーム数を見ると、4号機も5号機もあまり変わらないなと思います。

では、BIG・REG・合成確率・機械割・1000円のゲーム数の、それぞれの違いを探っていきたいと思います。

4号機と5号機の違い

ビッグボーナス『777』

ビッグボーナスは、すごい大きな違いというのは感じられません。
設定4~6までの確率が5号機になってからは、悪いです。

けれど最近は、ビッグボーナスの確率がよくなっています。

  • マイジャグラー、240/1。
  • GOGOジャグラー、242/1。
  • みんなのジャグラー、232/1。

これだと、4号機の確率と変わらないです。

 

代償もあります。ビッグボーナスの確率を上げたことで、ボーナス時の出玉が少なくなったことです。ジャグラーEX325枚 ⇒ 最新ジャグラー312枚になりました。13枚と微妙な差なので、体感できないかも知れないですね。

しかし、13枚の違いがのちに大きくなります。

  • 13枚×10回=130枚
  • 13枚×20回=260枚
  • 13枚×24回=312枚

24回のビッグボーナスで、1回分のビッグボーナスが損する計算になります。なので、賛否両論がありそうですね。

 

管理人の感想!
個人的には、ビッグボーナスの確率を上げてもらった方が打ちやすいなと感じています。だから最新台の、マイジャグ・ハッピージャグ・GOGOジャグラーは、気に入っています。

 

ちなみに4号機の獲得枚数は、382枚くらいでした。

382枚-325枚=57枚

  • 57枚×10回=570枚
  • 57枚×20回=1140枚
  • 57枚×30回=1710枚

違いがわかる驚愕の数字になりました。




レギュラーボーナス『77BAR』

確率差が大きいです。
設定6で96回転の差。設定1で、200回転の差もあります。GOGOランプがたくさん光ってくれるのは、5号機ということになります。

 

けれども、ビッグボーナスと同様で獲得枚数に違いがあります。

 

4号機の出玉は、127枚でした。5号機は、104枚になりました。その差23枚もあります。仮に10回以上のレギュラーボーナスを出したとします。

  • 23枚×10回=230枚。
  • 23枚×20回=460枚
  • 23枚×30回=690枚

設定5を一日中打っていると、30回くらいのレギュラーは当たります。なので、690枚くらいの違いが出るということになります。

合成確率、機械割、1000円ゲーム数
合成確率

合成確率は、レギュラーボーナスの確率に対して、ビッグボーナスが何回入るかで計算していきます。合成確率は、レギュラーボーナスの次に偉いです。とても重要になります。

 

機械割

100%以上の機械割が勝利。100%未満の機械割が敗北です。機械割は、単純に考えていいです。ココを複雑に考えると、頭がパニックになります。

  • 5号機は、設定4~6が勝ち
  • 4号機は、設定3~6が勝ち
1000円ゲーム数

1000円50枚のメダルに対して、何回まわせるのかになります。設定6を見てみましょう。4号機は、35.1回。5号機は、35.6回です。5号機の方が回せることがわかりました。だけど、体感できるほどの差はありませんでした。

 

まとめ
4号機のころは、設定6と思われるような台をゲットすると、閉店まで打っていました。出玉の上がり下がりはありますが、収支はほぼプラスで終わります。最低3000枚という計算もしていました。

けれどね、5号機になってからは最悪です。設定5、設定6らしき台に座っても結果がついてこないという日もあります。ですので、ジャグラー5号機の深追いは禁物だと思います。




↓↓応援クリック「ポチッと」お願いします。
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ

LINEで送る


このエントリーをはてなブックマークに追加